介護ブログ

35【《介護保険サービス》通所タイプ②】

2017.09.02

要介護認定を受けた後に利用可能となる、《介護保険サービス》。

「訪問」、「通所/短期入所」、「その他」。

大きく分けて3タイプに分かれる《介護保険サービス》の、

「通所/短期入所」介護サービスについてご紹介します。

 

🌻《介護保険サービス》の過去記事リンク🍀

🍀《介護保険サービス》の種類、概要。

🍀《介護保険サービス》の種類、概要、利用可能の分類表。

🍀《介護保険サービス》訪問タイプ①。

🍀《介護保険サービス》訪問タイプ②。

🍀《介護保険サービス》訪問タイプ③。

🍀介護保険サービス》通所タイプ①。

 

🌻🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻  🍀 🌻 🍀 🌻  🍀 🌻 🍀 

 

療養通所介護(通称:医療デイ)

医療的ケアに重点を置いた、デイサービス。
平成18(2006)年より実施されている。
(※)「看護師による観察を常に必要とする」難病、認知症、
脳血管疾患後遺症等の重度要介護者、又は癌末期患者が利用対象
利用者が、可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることが出来るよう、
また自宅に籠りきりになり易い利用者の、孤立感解消や心身機能の維持回復に努め、
同時に介護者(家族など)の介護負担軽減などを目的とする。
利用者自宅と施設間の送迎食事や入浴など日常生活上の支援、
生活機能向上のための機能訓練、口腔機能向上サービスなどを、日帰りで提供している。

 

(※)「看護師の観察を常に必要とする」とは。

→ 呼吸、食事、排泄、身体清潔などを自分で行えず、

看護師による観察が常に必要な容態のこと。

《例:気管切開、膀胱留置カテーテル、脊髄損傷による首から下の麻痺、

アルツハイマー病で全身に拘縮が見られる、など。

 

[利用可能者]

要介護1〜5の認定者。

要介護1以上であり尚且つ、医療ニーズが高い状態であれば、

65歳未満(40~64歳)でも利用可能。

難病、認知症、脳血管疾患後遺症などの重度の要介護者、また癌末期により、

看護師の観察が常に必要な「医療ニーズ」「介護ニーズ」を併せ持つ患者。

 

 

[サービスの仕組み]

利用料・・・・・利用時間により決定。(要介護度は関係無し。)

🍀3時間以上、6時間未満の利用・・・1回 につき1,007円。

🍀6時間以上、8時間未満の利用・・・1回 につき1,511円。

利用者定員・・・9名以下。

人員基準・・・・利用者1.5名看護師または介護士が1名以上の配置。

医療機関との連携

《指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準

:第105条の16》 に則り、

利用者の病状急変等に備えて、緊急時対応医療機関」を定めている。

また「緊急時対応医療機関」は、医療デイと同一の敷地内、

又は隣接・近接した場所に有る。

療養通所介護事業所の所在地など問合せ先。

→ お住まい市区町村の医療福祉担当課。

 

[メリット]

通常のデイサービスでは、対応不可とされる容態の要介護者でも、

主治医による利用許可が出れば、サービス利用する事が出来る。

介護度が重い要介護者でも、手厚いケアサービスが受けられる。

 

[デメリット]

療養通所介護事業所(医療デイ)の数が少ない。

事業所からしてみれば、「介護報酬に左右される」「処置料などの加算が無い」

「人件費が高い」といったコストパフォーマンスの低さや、

上記に挙げた様々な基準を満たし運営する事が難しく。

社会的なニーズが有りながら、事業所は全国でも80箇所ほど。

東京都においては2017年11月時点で、5事業所という現状にある。

(東京都福祉保健局HPの情報より。)

 

[療養通所介護の参考リンク]

「療養通所介護のご紹介(財団法人 日本訪問看護振興財団)」

(注:平成19年時点の資料につき、情報に一部変更有り。

利用者定員5名以下(変更前) 9名以下(変更後)、など。

「どんなサービスがあるの? 療養通所介護(厚生労働省)」

 

[サービス利用までの手順(共通)]

※サービス提供を受けるには、主治医の許可が必要。

1.要介護度ごとの支給限度額(過去記事リンク)に留意しながら、

「ケアプラン」を作成ケアマネジャー作成(リンク)自分作成(リンク))する。

2.「ケアプラン」を市区町村へ提出する。

3.サービス事業者を選び、利用内容(頻度や利用費など)を相談して、契約を結ぶ。

 

🌻🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻  🍀 🌻 🍀 🌻  🍀 🌻 🍀 

 

次回は、「通所リハビリテーション(デイケア)」

についてお伝えします。

Copyright (C) 2017 KAIGONOZUKAN. All Rights Reserved.